歯を失う原因の1位は歯周病

抜歯原因

グラフから見ても分かるように歯を失う原因で最も多いのは「虫歯」ではなく「歯周病」です。35歳頃の年齢から歯周病によって歯を失う人が増加し、45歳以降では虫歯を抜いて歯を失う主原因のトップになります。

歯周病は今や生活習慣病の一つとも言われ国民病です。日本国内の成人の8割が感染していると言われ、放置しておくと気が付かないうちに歯がグラついて抜け落ち、全身疾患を引き起こす引き金にもなりかねない大変怖い病気です。

歯周病のメカニズム

歯周炎と歯肉炎

歯周病は、歯と歯ぐきの境目についた歯垢(プラーク)や歯石の中にいる細菌が、歯の根にそって入り込み、歯を支えている周りの歯ぐきや骨をじわじわと溶かしていき、最後には歯が抜け落ちてしまうという仕組みです。

歯ぐきに炎症がおきた状態を『歯肉炎』、その次に歯を支えている歯槽骨などの組織全体が崩れてしまう病気を『歯周炎』といいます。また、初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に病気が進行し悪化させてしまい歯がぐらぐら、最悪は抜け落ちてしまうという事がよくあります。

歯周病の治療とは

歯石除去

歯周病のもっとも基本的な治療法は、歯科医院でのクリーニング(PMTC)、歯石除去(スケーリング)、ブラッシング指導(TBI)です。これにご自宅でのセルフケア(歯磨き)が欠かせません。

歯周病原因菌の住み家となっているプラークを除去し、口の中を正常なレベルに維持し環境を整える「プラークコントロール」が重要です。

⇒歯石除去についてはこちら

歯周病治療の流れ

①診査・診断
②ブラッシング指導
③スケーリング・ルートプレーニング(歯石除去)
④炭酸ガスレーザー治療
⑤歯周外科治療
⑥メンテナンス(定期的なプロフェショナルケア)

上記治療内容は、その方の歯周病の症状・進行状態によって異なります。当院では「可能な限り歯を保存する」ことを目標とします。患者様のご協力も不可欠で、二人三脚で歯周病の進行止め・改善・予防をしていきます。

自由が丘マリゴールド歯科 本院

0120-462-113

平日 9:30-12:00 14:00-19:30 20:00-22:00
土日 9:00-12:00 14:00-18:00
祝日休診

アクセス地図 お問い合わせ・ご予約

診療時間
土日 09:00-12:00 / 14:00-18:00

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-12-2

東急東横線 東急大井町線 「自由が丘駅」 北口 徒歩 40