当院では、虫歯治療の早期発見や予防に努めております。また虫歯になった箇所は、出来るだけ最小限に削り、健康な部位を残せるような治療の方法を行わせていただいております。

当院の虫歯治療の流れ

  1. 虫歯の部分だけの感染した歯質を最小限に取り除き、できるだけ健康な歯質の部分を残します。
  2. 無痛麻酔治療を行います(痛みを伴う処置に対しての局所麻酔)
  3. 取り除いた箇所を歯科専用の接着技術であるコンポジットレジン(CR)で、歯と同色に白く詰めて修復します(保険適用)。

※ただし部位や虫歯の大きさによっては、金属による保険治療での修復や、金属の色を好まれない方はご希望によりセラミック治療による修復もございます。

神経深くに進行した虫歯は「根管治療」

歯の神経(歯髄)まで深く到達した虫歯は根管治療が必要になります。別名「歯内療法」とも呼ばれ、細菌に感染したり損傷を受けた歯の神経を取り除くことにより、虫歯の進行を止め予防するものです。

深い虫歯はそのまま放っておくと、歯根周辺の組織にも感染が広がり、痛みや腫れが生じます。早期に治療しないと抜歯が必要になるケースもあるため、なるべく早めに歯科医院を受診することが重要です。

以下は根管治療の流れです。

①感染が進行した虫歯

虫歯

深い虫歯によって、歯髄が細菌に感染した歯

②虫歯になったエナメル質の除去

エナメル質の除去

虫歯になった頭の部分を除去し、まず歯冠から歯髄腔まで穴をあける作業を行います。

③虫歯になった象牙質・歯髄の除去

象牙質・歯髄の除去

リーマーやファイルという器具を使用し、歯髄腔および根管と感染された象牙質等を丁寧に取り除いていきます。

④お薬の詰め物で充填

詰め物

取り除いた歯髄の穴と根管をお薬の材料で充填します。

⑤歯の土台作り

土台

修復歯を支えるため、金属製またはプラスチック製の支柱またはポストを根管に挿入します。

⑥被せ物(冠・クラウン)をセット

被せ物

最後にセラミック製または金属製クラウンで土台に歯をかぶせて修復します。

虫歯治療後は定期検診を

治療後は、その方のお口の環境などにもよりますが、ふたたび虫歯になるリスクもあります。虫歯と歯周病の両方を予防するためにも、正しい歯磨きと定期的な検診が必要となります。

⇒予防歯科はこちら

虫歯の進行の仕方

虫歯はう蝕とも呼ばれ、ミュータンス菌によって引き起こされる歯の感染症(病気)です。虫歯は進行度合いにより次のC1~C4というレベルに分類されます。

C1:エナメル質(歯の一番外側)が侵された状態

C1

初期の段階で、この時は痛みなどの自覚症状はありません。歯の表面にはツヤがなくなり、まれに薄い茶褐色にもなります。

C2:虫歯が象牙質(エナメル質の下)まで達し穴があく状態

C2

痛みが、冷たいもの、熱いもの、甘いもの、すっぱいもの等によって感じます。色は茶褐色や黒っぽくなります。

C3:歯の神経(歯髄)まで達し大きな穴があく状態

C3

ズキズキと刺すような、虫歯特有の痛みがあります。冷たいもの、熱いものも激しくしみます。

C4:歯の頭がほとんど無い状態

C4

歯ぐきから上の部分(歯冠)はほとんどなくなり、根(歯根)だけが残っている状態です。痛みはなくなり、神経は完全に死んでいます。ここまで来ると通常は抜歯になります。

たかが虫歯1本と放置してはいけません。C3やC4の状態になると歯根の先の炎症を起こした部分に膿がたまります。時に膿の中の細菌や毒素が血管を経由して全身に運ばれ、関節炎やリュウマチ性疾患、心臓病、腎炎、皮膚病、血液疾患などの病気(合併症)を引き起こすことも報告されています。

少しでも痛みなどの異常を感じたら早めに歯科医院を受診し、早期発見、早期治療を心がけてください。

自由が丘マリゴールド歯科 本院

0120-462-118

現在マリゴールド歯科では診療ができないため、
分院のマリクレープ歯科で、予約診療を受け付けております。

アクセス地図 お問い合わせ・ご予約

診療時間
土日 09:00-12:00 / 14:00-18:00

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-12-2

東急東横線 東急大井町線 「自由が丘駅」 北口 徒歩 40